スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
体感!おわせ!!
- 2006/09/18(Mon) -
しばらくサボってましたね。。
一週間全く走りませんでしたが、アタマの中はわりとスッキリな感じ。
方向性がほんのり見えてきたかな。色んな面で。
カラダも動くといいな。
動けてナンボ。

20060917233340.jpg

今週は三重の尾鷲にお出かけ。
森林情報学の学生が中心の「豊かな人工林を目指す研究会」に寄せてもらって速水林業を見学。
外材に押されて国内林業が相当ヤバイ状況にある今、
あきらめずに色んな工夫で山を守りたいと努力を続けられている林業家です。
長期間伐を早期導入
複層林化
海外製林業機械の自社での改良・修理
除草剤の使用
端材の細かな販売ルート
作業の効率性・安全性
などなど色んな工夫をされています。
普通の企業やったら「当たり前」かもしれないですが林業は100年単位の仕事。
そう簡単に時代の流れに乗るわけにはいかないでしょう。
第一次産業と言えども農業漁業とは全然違うでしょう。

速水さんのところは山がホントにきれいでした。
明るくて、下層植生がモッサモサ。
何がベストかは分かんないですがあの山は良いです。

地元の製材所も三軒見学させてもらいました。
白い木曽ヒノキと違って尾鷲ヒノキは赤みがかって独特です。
関東大震災のとき尾鷲ヒノキの家が丈夫だと評判が立って関東での方が有名だそうです。
でも最近ではいくらヒノキといえども価格が大下落して大変なようです。

研究会には建築や流通に詳しい人もいて色々教えてもらいました。

外材のほうが断然安いイメージがあるが家を建てるときの木材費はしれてて、国産ヒノキを使っても10万20万高くなるくらい。

尾鷲ヒノキは油分が多く水に強いので水害後に水を掛けただけで元通り。
改修を考えると断然お得。

ふむふむ。いいことばっかやん。
しかし、ホンマにええもんってゆうのは何で意外に広まらんのか。。
知ってもアカンのか。身に染みんと。
ホンマにええもんは派手さが無いんかな。
マクドのテリヤキバーガーはおいしいし、家の肉じゃがもおいしい。
人間の感覚はどーなっとんじゃ??

さて、今回の尾鷲見学で森林科学が一まとまりなのが良く分かりました。
森林のことを勉強するって中には本当に色んなことがあって繋がってておもろいです。
自分の専門のことを聞かれると、こりゃもっと勉強せなあかんとつくづく思いました。お互いにみんなそうでしょう。
ほんま良い刺激をもらいました。

タラタラとお出かけメモでした。。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<BLUE | メイン | オメデタ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://smileyyosuke.blog51.fc2.com/tb.php/94-befa775f
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。