スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
山伏
- 2006/06/05(Mon) -
週末は久しぶりにお出かけ。遊びで。。

おじさんの所属する大阪大峯登山会に参加させてもらいました。
20060604231032.jpg

ほとんどおじさんで若いお姉さんはいません。
女人禁制です。
このおじさんたちがすごい元気。
隊長(??先達)の稲生さんは法螺(ほら)を吹きながらズンズン登っていきます。
山の上で吹く法螺は気持ちええやろなぁ。
山びこします。

一昨年初めて登って、今年で二回目です。
原則、新客さん(初登山の人)は「西の覗」と「裏行」をしないといけません。

まずは有名な西の覗。
岩を登っていきます。
20060604231018.jpg

こんな感じです。
20060604233455.jpg20060604233814.jpg
左はネットからもらいましたが、天気が良くて崖の下の祠(ほこら)がよく見えました。

みんなギャーギャーわめいてます。
「女人禁制」が問題になっていますが、一昨年、稲生さんがゆってたことを思い出しました。

家では偉そうにしてても男ってホントはすごく弱い。
けどこんなギャーギャーわめいてるとこを奥さんには見せられない。
そんな男の恥の捨て所として大峯山があってもいいんじゃないかな。

あはは。男は弱いねぇ。

ただ西の覗でビビってる場合ではありません。
インパクトは西の覗ですが、ほんまに怖いのは裏行です。
怖すぎてみんな無口になってます。
あそこで写真とってるアホはいないでしょう。。
岩を握ってるこの手を離せば終わりってとこです。
足元を見ようものならほんとに「死」を身近に感じれるでしょう。

生きて帰れてよかったよかった。


帰り道は一昨年とは違ってレンゲ辻というコースを下りました。
沢沿いのコースで新緑がものすごくきれいでした。

20060604230932.jpg

おじさんのいっちゃんです。面倒見のいい愉快なおじさん。


途中であげるお経はさっぱり分かりませんでしたが、
最年少の僕には食後の挨拶を言うように言われました。

今ありがたき食(じき)を受け
心を修め身を養い
報恩の道に勤(いそ)しまん
ごちそうさまでした

食べ物は大事です。
何も考えず昼用のおにぎりを朝食べてしまって、
頂上で飢えていたら会のおじさんが恵んでくれました。
おにぎりめっちゃおいしかった。ごちそうさまでした。

往復7時間くらいの修行道でしたが、おじいちゃん達も怪我なく降りてこれました。よかったよかった。

神聖な気分になったところで明日からまたガンバロウ。
つくばへ出張です。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<つくば | メイン | ゆとりの朝>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://smileyyosuke.blog51.fc2.com/tb.php/61-62266dcc
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。