スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
故郷
- 2010/08/14(Sat) -
長野道
夏の長野路。
高速道路でさえ心地良い。
長野の友人知人を巡る旅に出ていました。
年に何度も会えないのにいつも温かく迎えてもらえて幸せです。近くないからこそ一層大切に想える縁です。

ゼロ_2010-8
鈴木プロ,丸山さんと。
トレーナー業は「作品づくり」と丸山さん。
打ちっぱなしに同行させてもらってうなづけました。試行錯誤,行ったり来たりしながら,ぼんやりした完成形・揺らぐ完成形に向けて動きを研磨されてる真摯な姿が胸に沁みました。

「初動負荷」についておちゃらけながらの熱いdiscussion。めちゃめちゃ楽しい時間でした。
自分の中では「catch」するイメージがしっくりきていて,どうもこの言葉を使うのに違和感を感じてました。
なるほど,「初動負荷」には「push」のイメージがどうしても付きまとうからか。
言葉は現象と本質(メカニズム)を繋ぐもの。たぶん動物本来の動きを捉えられた時には言葉で表現できへん感覚を得てるんやろうけど,そこへ近づくにはとりあえずの言葉で表現することが大切。
「土石流」は結構最近になって付けられた名称。土砂と水の混合物が一種の連続流体であるかのように流動するというメカニズム研究が進んで付けられた様です。昔は「山津波」,「鉄砲水」など見たまんまの名前。自然現象でも名付け親は大変やな。けど言葉はたたき台,踏み台。壊されることを恐れずに,壊すつもりでとりあえず作るべしかな。

スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<mysterious | メイン | ドン>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://smileyyosuke.blog51.fc2.com/tb.php/172-146e1ae3
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。