スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
struggle
- 2011/06/19(Sun) -
telescope
理学部の望遠鏡入り。中は物置化してるらしい?

地震から三ヶ月。
Bossから「想定外」について話題提供。
・・・・・
30mの堤防が実際に作れるなら作っていたんじゃないか。出来なかったから作らなかった。お金も掛かるし不便だし景観も悪い。
「対処出来ない=考えたくない=考えない=想定外」という図式があるんじゃないか。
ものやシステムをつくるとき,人はやれることを,やれる範囲内で想定する。
・・・・・

「考えたくない」って…。そうやな。人間だものという気はする。防災は人間が人間のためにやるもの。
お上は神じゃなくて人間。でもお上の役割は果たさないといけないから大変やな。
環境問題だけじゃなく自然災害も人間と自然が共生する上での課題。
「共生」は仲良しこよしではなくて,かなりの大バトル。一筋縄ではいかないことの認識は大切。
「考えたくない」気持ちは良く分かるけど,たまには考えないと。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
突入
- 2011/05/31(Tue) -
hirudani
早すぎる梅雨入り前のハッピーな青空in焼岳。

5月の学会を終え今年も現場調査が本格始動。
業界の手詰まり感を感じた学会。色々難しさはあるけどこじんまりしててもしょうがない。そもそもの目的はシンプル。

本音と建前。
建前ってなんか相手を誤魔化す感じ?
たぶん,持つのが悪いんじゃなく、混ざるのが良くない。就活生が志望動機で悩むのはこのせいかな。
「人間は動物だから食うために仕事する」by Boss。
先ずは頷けない自分を誤魔化さずに。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
10th
- 2011/04/16(Sat) -
高野川
高野川。すぐ下流で鴨川と合流です。

研究者としての免許を頂き,節目の年度がスタート。まだまだ修行の身が続きます。
運命は割りと決まっていると思うこの頃。諦めじゃなくて受け入れる感覚?ただ,結局もがくことには変わりなし。
なんやかんやの可能性を経て,10年目の京都生活が始まりました。

「論文書くのはしんどいで。いちゃもんつけられるし。書かなくて良いなら書かんで。」と師匠。
上手くやってるように見える師匠のこの言葉。フッと楽になりました。
普通の感覚を大切に。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
goal to goal
- 2010/10/27(Wed) -
rainbow bridge
鴨川に掛かってました☆
良く寝た朝に気分良く拝めました。

昨日は朝から完全にガス欠でエンジン停止。まさにスロットルを回そうとしてもスカスカな感じ。
ダメだこりゃ,って逆に分かりやすくてよかったかも。
意識的に気分転換してるつもりでも,やっぱり締め切りを気にして焦ってるんやろな。身体は正直。
そして疲れたら寝るのが一番。
まだまだ長期戦。持続可能で行かないと。
如何に早く寝れるかがkey。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
解放
- 2010/10/20(Wed) -
キタ━(゚∀゚)━!!!!!
って,こういう時に使うんやろな。僕にとっては本当に衝撃的な動画と出会いました。

少し泳げる様になった 4 脱力のクロール ti swim

この夏からのプール通いはまだ続けられています。
自分の隣を楽に速く泳ぐ人をお手本にいつもジロジロ見ていますが,なかなか真似できません。
ランニングにしても水泳にしても速い人の動きは確かに参考になるけど,自分が実践するときには仕組みが分からないと本質的には再現出来ないと思います。走るのが速い人はたいてい脚が高く上っていますが,だからって脚を単に高く上げたってそんなに速く走れません。
この動画の方の動きからは,水を捉える感覚,意識,イメージがとても良く伝わって来ました。今の自分にとってはどんなオリンピック選手の動きよりもお手本になります。楽に泳げることが速く泳ぐことに繋がる。走りも一緒。つい力みますが。ただ,ダラ~と力を抜くんじゃない。何かこう,解き放たれた感じが理想かな。

脱力クロールと音楽のマッチングも気に入っていて,論文書きの合間につい何度も見てしまいます。。
ほんと気持ち良さそう。

この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。